できないよりやらないのほうがかっこ悪い

子育て
勉強でもスポーツでもなんでも言えることなんですが、自分の子供が○○ができないと子供以上に親御さんのほうがガッカリすることがあります。

うちの子はあれもできないし、これもできない」と日々悩んでいる方も多いようです。

ですが、実際には子供はチャレンジしたけれどもできなかったというだけであって、何かに挑戦しているのです。

今回は自分の子供は○○ができないと悩んでいる方に実際はガッカリすることではないということと本当にガッカリすることをお話していこうと思います。

Sponsored Link

何も行動しないほうがガッカリする

Sponsored Link

まず皆さんに質問ですが、○○ができないと言うことは恥ずかしいことでしょうか?

確かに頑張って子供を育てて来て「こんなこともできないの?」と思う親からしての勝手な思い込みにすぎません。

子供が○○ができないというのは考え方を変えれば、今はできないというだけであって少しすればできるようになってくることが多いです。

人それぞれ成長の早さは異なりますので、そこはしょうがないと私は思っています。

むしろできないと思いそれっきり何もしなくなるほうがよっぽどガッカリします。

子供はできないけれども何度もチャレンジする子もいたりしますので、まず親からしてみることは子供ができないけど、チャレンジしていることを応援してあげましょう!

それとは逆に子供ができないときにあきらめてチャレンジするのをやめようとしていたら優しい言葉で「もう1回やってみようよ」と声をかけたりしてチャレンジすることを促してください。そして応援してあげてもしできるようになったらたくさん褒めてあげてください。

そうしていくことによって子供は「できなかったけどチャレンジしたらできるようになった」と思い、別のことでもできないことがあったら何事にもチャレンジしてみるような子に成長してくことでしょう。

親の否定的な言葉は子供をダメにしていく

日頃から子供と接している場面が多い中、子供に否定的な言葉をかけたりしたことはありませんか?

・「だからあなたはダメなんだよ」
・「あなたには無理」
・「習い事をさせている意味がない」

子供は親が何も考えずに発した否定的な言葉が実は子供の心には深く刺さったりします。

例えば習い事の帰りの時や学校の帰りの時などに親同士がお話をしている場面はよく目にしますよね?

子供は隣で話を聞いているのに「うちの子は○○がダメなんだよね~」などと話しており、その時は親は子供が傷つくなんてことは少しも思っていないでしょうがそこで聞いている子供は倍になるくらい心に刺さっています。

これは子供がダメなんではなくて親が子供をダメにしているといえます。

伸びる言葉と伸びない言葉

世の中には子供のことを応援したくない親はいません。

だからこそ、はがゆかったり、時には厳しい言葉も投げかけてしまうほど熱が入ってしまうのもわからなくはありませんが、どうしても熱が入ってしまうときには「今のうちの子に必要なこと、またはやる気が出る言葉な何だろう?」と考えましょう!

親が投げかける言葉一つで子供のやる気が変わり、結果も変わってきます。

オーディションなどを受けたとして仮に落ちてしまったとしましょう。

子供は落ち込んでいて親が「なんで受からなかったの?」「あれがダメだったのよ」などと言ってしまうと子供の落ち込み度はさらに深くなります。またオーディションに参加することを嫌がってしまうでしょう。

ですが、子供に原因や批判を言うより「今度はもっと楽しんで精一杯頑張ろう!あなたならできるよ!」と声をかけると子供は自然とやる気が出てまたチャレンジすることができるでしょう。

ここでポイントなのは、子供に問いかける際には先のある言葉を付け加えることで子供に伝わりやすかったり、やる気アップにもつながることがあります。
こうやって見たほうがいいんじゃない?やってごらん
そんなことを考えるようになったんだ、私も考えられなかったよ

などということです。

何の言葉でもそうなんですが、2つの言葉を問いかけるようにすることで子供はよく話を聞き、次の行動に繋がってきます。それが先生などに言われるより親から言われるのならなおさらです。

まとめ

子供に普段何気なく言っている言葉は親が思う以上に子供の心を深く傷つけています、そうすると子供は落ち込み次へのステップに足を踏み入れられなくなります。

ですが子供と話すときに先のある言葉でお話をしていきましょう。そうすることで成長の度合いが全く変わってきますので是非試してみてください。

今回は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました