セクハラとはどう言ったものか?被害に遭っている人の典型的な事例を紹介します!

仕事

こんにちはTAKAHIROです。

前回では「職場のパワーハラスメント」についてお話ししましたが、今回も職場で多いハラスメント「セクシャルハラスメント」についてお話ししていきたいと思います。

前回のパワハラの記事はこちら↓

パワハラが職場の雰囲気をダメにする!パワハラと判断される2つの行動!

そもそもセクシャルハラスメント通称「セクハラ」皆さん1度は聞いたことがありますよね?

パワハラもそうなんですが、このセクハラも企業に向けて義務付けされています。

これは法律で男女雇用機会均等法により決められています。

今日はそんなセクハラがどういうものか?というのとどんな状況が引っ掛かるのかをお話ししていきます。

Sponsored Link

職場での性的な言動

Sponsored Link
職場におけるセクハラは働いている人の意に反する性的な言葉に対して気分を返したりするもので職場とは言っていますが、仕事中の場合でしたら会社以外でもその対象となります。

会社以外の職場の例

・出張先
・取材先
・顧客の自宅
・打ち合わせなどに使う飲食店
・会社での飲み会や懇親会

以上のような場所でも対象となります。

決して「会社の外だから・・・」というのは通じませんのでご注意ください。

また、性的な言動とはどういうものかというと「発言」「行動」です。

次のような場合が主な性的な言動となります。

性的な発言

例えば女性の方で会社で上司の方や男性の人から声をかけられたりしたことありませんか?

・「仕事終わったら一緒に飲みに行こうよ〜」
・「〇〇さん、スタイルいいね〜」
・「彼氏いるの〜?」
・「〇〇さんは女を武器にして仕事とってきてる」

こう言った発言です。

発言においてセクハラと判断されるのをまとめますと以下のような状態です。

・食事などをしつこく誘う事

・個人的な性的な体験談

・性的な冗談やからかうこと

・性的な事実関係を聞くこと

・性的な内容の情報(噂など)を流すこと

性的な行動

この性的な行動の中には「強制わいせつ」の罪にあたる物が多く極めて危険である行動になります。

・性的な関係を強引すること

・意味もなく身体に触れること

・了解も得ずに写真を撮ったりすること

これらは言うまでもなくセクハラに引っかかります。

こういったことが起きると加害者は心に大きな傷を負うことになるので企業はそういったことが起きないように色々対策を取らないといけません。

職場におけるセクハラの種類

セクハラと大きくまとめているところもありますがこのセクハラという言葉の中には対価型と環境型の2種類の異なる行動があります。

対価型セクシャルハラスメント

1つ目がこの対価型のセクハラですが、これは簡単にいってしまえば相手の反応が悪かったりすると会社で降格やクビになり、反応が良ければ昇給や昇進させてやるといった状況です。

正直言って被害者からしたらいい迷惑です。

ですがこう言ったことも実際には起きているのが今の世の中です。

セクハラに耐えきれず訴える!と言ったところ逆に嫌がらせのように降格やしごとをクビになるなんて企業としてはあってはならないものです。

環境型セクシャルハラスメント

2つ目は環境型のセクハラです。

これは日頃仕事をしていて会社内で急に身体を触られたり、性的な発言を言われ被害者が業務に取り掛かるのに気が散って集中できない場合にあたります。

企業は働く労働者に対して働きやすい環境を作ってあげることが義務付けられているのでそのように対応していかないといけません。

セクハラの行動者と被害者

皆さんのセクハラに対するイメージとはどう言った物でしょうか?

多分ですが皆さんが思うセクハラは男性が女性に対して行うことと思っていませんか?

これは大きな間違いなんです。

逆のパターンで男性に対して女性が行うセクハラも実在しています。ただ世間でよく取り上げられるニュースなどでは男性が女性に対して行う事が多いのでそのイメージがついていても仕方がありません。

もう1つのイメージといえば、会社というキーワードがくっついてくるかと思いますが、会社以外の場所でもセクハラは適応されます。

例えば会社でも取引先や接待の相手、お医者さんなら患者さん、学校だったら生徒と先生などあらゆる場所でセクハラという言葉は存在します。

セクハラの判断基準

セクハラの判断基準は正確には「セクハラを受けた人の感じ方」になります。

加害者からしてみたら「これくらいは大丈夫だろう」と思っていても実際に被害に遭っている人はそうは思っていないということです。

被害者はその場では「やめてくださいよ〜♪」くらいの気持ちでいっているかもしれませんが心の中では気にしていることが多いです。

なので加害者は自分の感覚が相手も同じ感覚だろうという考え方をやめたほうがいいということです。

まとめ

今回はセクシャルハラスメントについてお話ししてきましたが理解できましたでしょうか?

今の世の中には色々なハラスメントが実在しますがその中でも「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」は群を抜いているほど問題とされ日常に行われています。

自分は大丈夫だろう」と思っている方でも日頃の自分の行動や発言は1度見直してする必要があると思います。

相手は嫌そうにしているようには見えませんが中には「本当は嫌だ」と思っている人も必ずいるはずです。

実際に被害に遭っている方は嫌だけど言えないと思っている方がほとんどだと思います。

加害者からしても「この子なら大丈夫だろう」と思って行動しているでしょうし、逆に気が強そうな人にはそんな事しないと思います。

ですので被害に遭っている人の気持ちも考え自分の欲求を満たすことはやめてほしいです。

 

今回は以上になります。

ご覧いただきありがとうございました。

 

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました