パワハラ義務化!いつから義務化され、何が引っかかるのか?

話題

こんにちはTAKAHIROです。

今日は世間でもよく耳にするパワーハラスメント、略して「パワハラ」。

そのパワハラが遂に企業向けに義務化が決まっております。

実際にはいつから義務化され、どんなことがパワハラに引っかかるのかをお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

パワハラって何?

Sponsored Link

パワハラとはパワーハラスメントの略で企業などの社長や上司に値する人、政治家や大学教授などの社会的に身分の高い人が自分の地位や権力を利用して身分の低いものに対して嫌がらせなどを行うこと。

パワーがこの文で言う身分の高い者や権力を示し、ハラスメントは人を困らせることや嫌がらせなどが当てはまります。

日本では1980年頃からテレビなどでよく報じられ、その後1997年に男女雇用機会均等法によりセクハラ規定が設けられ、よく耳にするようになりました。

 

パワハラは厚生労働省が言うには、上司による身体的な暴力やメンタルに傷がつくような暴言だったり、達成など明らかにできないような業務の押し付けなどがハラスメントと言われる対象とコメントしている。

パワハラ以外にもいろいろある

世間では色んなハラスメントが存在していて今では数えきれないほどの種類があります。

今後こう言ったハラスメントで訴えられるケースがよく見られてくると思われるので今のうちに頭に入れておきましょう!

モラルハラスメント(モラハラ)

大人版のいじめのような者で、特定の人に対して悪口を言ったり、無理したりする行為。

セクシャルハラスメント(セクハラ)

性的な言葉を発する行為。

スメルハラスメント(スメハラ)

体臭や口臭により周囲の人たちを不快にさせる行為。

時短ハラスメント(ジタハラ)

労働時間を短縮する嫌がらせの行為。

マタニティハラスメント(マタハラ)

妊婦や出産経験者への嫌がらせ

カスタマーハラスメント(カサハラ)

消費者が悪質なクレームをしてくる行為。

エイジハラスメント(エイハラ)

中高年の社員に年齢の悪口を言う行為。

セカンドハラスメント

ハラスメントの報告により、さらなる嫌がらせを受けること。

リストラハラスメント

配置転換などによりリストラに追い込む行為。

テクスチャアルハラスメント(テクハラ)

文章に対しての性的な嫌がらせの行為。

エアーハラスメント(エアハラ)

空気を読まない発言で周りの空気を悪くする行為。

ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)

血液型で相手の性格を決めつけるなどの嫌がらせ。

アルコールハラスメント(アルハラ)

無理にアルコールを飲ませようとする行為。

カラオケハラスメント(カラハラ)

カラオケで無理に歌わせようとする行為。

ソーシャルハラスメント

SNSサービスを利用した嫌がらせ。

マリッジハラスメント(マリハラ)

「まだ結婚してないの?」と聞いたりする行為。

レイシャルハラスメント(レイハラ)

国籍や人種に関する嫌がらせ。

コミュニケーションハラスメント(コミュハラ)

コミュニケーション障害の人にコミュニケーションを強要する行為。

育児ハラスメント(イクハラ)

育児中に受ける不当な扱いや嫌がらせ

子なしハラスメント

子供がいない夫婦に対して不快な言葉をかける行為。

このように今の日本にはこんなにもたくさんのハラスメントが存在し、まだその一部というのをお忘れにならないように・・・。

この他にも「えっ?これもそうなの?」と思うようなハラスメントがいっぱいあります。

こうなってくると何にもできなくなってきてしまいますよね。

困った世の中になりました・・・。

 

パワハラの義務化

今やよく耳にするパワハラですが、来年2020年4月に企業に対して義務化されます。

なので企業様達は今まで以上に段階的、継続的、徹底的にパワハラをなくしていかないといけません。

また、仮にパワハラと言われ、企業が何の処置もせずそのまま放置していると更に罪が重くなり、最悪懲役刑に問われることもありますのでお気をつけください。

パワハラが職場の雰囲気をダメにする!パワハラと判断される2つの行動!

 

セクハラとはどう言ったものか?被害に遭っている人の典型的な事例を紹介します!

まとめ

今回は色んなハラスメント、そしてパワハラの義務化が決定ということでお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

私が紹介した中でも自分が当てはまるハラスメントも、もしかしたらあったりしましたか?

でしたら今からでも遅くはないのでこれから先は今より厳しくなってくると思いますので対策のほどお願いします。

 

 

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました