先を見越した子育てをして結果を出す4つの言葉

子育て

子供が悪さをしたりかんしゃくを起こしたりすることは子育てをしているとよくあること。

そういう時はつい怒ってしつけをしてしまうのが一般的だと思います。

あと少し早ければ・・・」とか「こうしていれば・・・

なんてことありませんか?私は実際に普段よく感じていることが多かったです。

ですが先を見越すことによってそういった子供がかんしゃくを起こしたりするのを未然に防ぐことも多々あります。

これはしつけをして教育していくよりも子供にとっては効果的だとわかり、ある4つの言葉を頭に入れて先を見越した対応を心がけています。

今日はそういった子供の好悪同を予測して教育していくということでお話していきたいと思います。

Sponsored Link

先を見越した子育ては状況を変える

Sponsored Link
子供は何かと上手くいかないとき、自分が思うようにいかないときになるとイライラし、時には物に当たったりすることがあります。

ですがそうなることがわかっていたら先を見越すことによって未然にそのイライラした状態を防ぐこともできます。

例えば小学生の子供が水泳教室に通っているとしましょう!

そこで毎日水泳教室の支度をしている際、日焼け止めクリームを塗っているとします。

そこで子供は「なんで毎日毎日日焼け止めクリームを塗らないといけないの?」とイライラしながら面倒くさそうにしています。

他にもおもちゃのピアノなんかをいつも引いていて音が違くて上手くいかないとおもちゃを投げたり、叩いたりすることもあるでしょう。

問題なのはいつも見ている行動の中で子供が「どういう状況になると機嫌が悪くなるか」というのを見分けることです。

その行動がわかったとしたら今後は子供がイライラする場面になったらよく見ておき、それなりの対応をしましょう!

子供がイライラするときの状況

・お腹がすくと機嫌が悪くなる
・疲れると機嫌が悪くなる
・眠くなると機嫌が悪くなる

色々あるかと思います。

・お腹がすいているのであれば子供の目の前に食べ物をスッと出してみれば子供は喜んで食べ機嫌を戻すでしょう。

・公園で遊んでいて疲れてくると段々機嫌が悪くなるのであれば帰ろうとしている5分か10分前くらいから帰るような準備をしましょう。

・眠い時はご飯の時間を早め、さっさとお風呂に入れて寝る準備をさせましょう。

こういった親の行動が子供の機嫌を損なわずに生活していく最善の方法になります。

子供の機嫌を探る4つの当てはめる言葉

子供の行動を予測して先を見越した子育てをするのはわかったが、実際にやってみると意外と難しいもの・・・

気づいたら機嫌が悪くなってる何てことは日常茶飯事でしょう。

子供の先を見越すのに4つの言葉があり、子供のふるまいがよい方向に行かなそうなときは是非この言葉を自分の胸に聞いてみてください。

その言葉とは

・お腹がすいているの?
・イラついているの?
・寂しいの?
・疲れているの?

この4つです。

子供の先を見越すことは時にはよくわからないことで機嫌が悪くなるので正直手に負えないことも多いんですが、どれもほんの少しの手助けで収まることが多いのです。

これが上手くいけばいつもの片づけなど少なく済んだりして家族との仲も楽しく過ごすことができるでしょう!

まとめ

子供のかんしゃくだったり機嫌が悪くなり物に当たったりするときがあります。

防ぐには子供の「どんな行動をすると機嫌が悪くなる」というのを日頃から観察していないといけない。

しかし、子供はいろんなことをしだすのでどうしても先を見越すことができいない場合も出てくるだろう。

そんな時は先を見越すのではなく”つながり”が大事になってきます。

今回は以上になります。

次回は”つながり”についてお話していきますのでよかったら見に来てください。

ご覧いただきありがとうございました。

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました