子供を叱る際の親の行動と自分に対する3つの質問!

子育て

こんにちはTAKAHIROです。

皆さん子育ては順調でしょうか?

子育てって最初は難しくて頭を抱えることも多いですよね。

私も実際に子供を育てているので気持ちはわかります。

しゃべるようになってくれば自然と生意気な態度をとってきたり親は毎日のように子供に振り回されてイライラしたりする人もいるかと思います。

子供を起こる時皆さんはどうやって怒っていますか?

皆さんがどう教育しているかはわかりませんが、ショッピングモールなどで買い物をしているとたまに怒鳴って親が子供のことを叱っているところをよく見ます。

他人事ではないんですけど見てて嫌に感じるし、自分はそういう感じになりたくないと思うはずです。

しかし実際に家にいるときなどは同じように怒鳴ってしまうなんてことはよくあることなんじゃないでしょうか?

今日は子供を叱る際に考える思考法をお話していきたいと思います。

Sponsored Link

子供を叱る前にまず自分に質問を問いかける

Sponsored Link

子供が悪さしたりして怒る時、親もイライラしてついカッとなって怒鳴ったりすることもあるかと思います。

ですが、子供を叱る前にちょっと時間を作り自分に3つの質問を問いかけてみましょう!

自分に聞く3つの質問

・なぜ?
・なにを?
・どうやって?

この3つだけで大丈夫です。

上から順番に説明していきましょう!

自分に聞く”なぜ?”

このなぜ?という言葉ですが、「なぜ子供がこんなことをしたのか?」といった質問です。

もちろん怒っているときにこんな質問を自分に問いかけても実際は頭に来ているので「自分のことを怒らせようとしている」とか「私だから言うことを聞かない」などイライラしているときの思考はこういったものに変換されやすいのが実際の状況です。

ですがここで一度間を置くことによって意味があるということを忘れないでください。

イライラしていても思い込みで決めつけるのではなく、好奇心を働かせて子供を見ることによって悪さの裏側にあるものをじっくり見れば子供が何かを表現しようとしている、または何かをやろうとした結果悪さになってしまったということがわかることが多いものです。

そういう意図が見ることができればもっと効果的に子供に思いやりを持って対応できるということです。

自分に聞く”何を?”

この何を?の質問ですが先ほどのなぜ?とは違い、そもそも「しつけ」とは何でしょうか?子供に対して「思い知らせる事」でしょうか?

違いますよね?

しつけという中に子供に教えていくのが教育においてのしつけになると思います。

子供は失敗を何度も繰り返し、そうして人間は成長していく者です。

自分が子供の時も何かをやろうとしたときにいろいろ失敗したと感じたことありませんか?

どうしてあの時こうやってやらなかったんだろう?」など大人になってから振り返ってみると意外と覚えているものですよね?

もう一度言いますが「しつけは思い知らせるものではなく、教えてあげるということです

これを随時頭に入れておき、自分に聞いてみてからしつけしてあげてください。

自分に聞く”どうやって?”

この質問は先ほどの何を?の続きで何を教えたらいいのか決まったら今度はそれをどうやって子供に伝えれば理解してくれるのかな?という質問になります。

これに関しては正解はないので自分自身で考え、今のお子さんの年齢や性格に合った伝え方をしてみてください。

正解はいつも一緒にいるあなたしかわかりません。

まとめ

今回は「子供を叱る時に一息つく」ということでお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

私もついつい怒ってしまうことがあったんですが、この質問をしてから子供を叱るようにしてから、怒ってるんだけど怒ってないといった状態になりました。

イライラしてしまうのも仕方がないです。でも子供も子供でいろいろやろうとしているということは忘れないでください。

悪さをした時もただ怒るんじゃ子供からしても「うるせー」とか思ってるかもしれません。ですが、子供のやりたかったことなどを見ることによって起こり方も変わってくると思います。

ですので今度から子供を起こる際には是非試してみてください。

以上です。

ご覧いただきありがとうございました。

 

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました