子育てのイライラした気持ちを落ち着かせる方法!独自のストレス発散法を紹介!

子育て

こんにちはTAKAHIROです。

子育てをしていて親がイライラしてしまうのは『子供が思うようにしてくれない』という理由が一番多いかと思います。

 

親が言う事を聞かないで自分の好き勝手にしている。

 

1回で聞いてくれたらなにもイライラすることはないと思うんですけどそうでないと『何回言えばいいの!』と思いストレスを溜めてしまうなんてことは親にとっては日常茶飯事ですよね?

 

私も実際に4人の子供を育てているパパなのでそこは痛いほどわかります。

 

私も子供に言っても何も行動しようとしないでただテレビをみていたり、ゲームしながら流すように返事をされるとイライラしてました。

 

悩みに悩んで子育ての本なんかも読んだりして色々試したり、子供をどうするかより自分の考え方を変えてみようかと今まで育ててきました。

 

 

まだまだ完璧とは言えませんが、何事にも起こって言わないと動かなかった時よりかはよくなったので実際に私が試してきたオススメの子育ての方法をお話ししていこうと思います。

他の家庭の子育てなんてあてにならないよ!
大きなお世話だよ

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、参考までに聞いてもらえると幸いです。

 

Sponsored Link

子供が言う事を聞かなくなるのは教育上誰でもある時期です

Sponsored Link

小さい頃はママの言う事をちゃんと聞いてくれていい子だったのに大きくなったらだんだん親に反抗してきた気がする。

そう思う親も多いんじゃないでしょうか?

 

私は評論家ではありませんが、考え方を変えればそこに答えはあると思います。

 

少し考えてみてください、自分も子供の頃そんな時期ありませんでしたか?

 

子供の反抗期というものはその子その子で違いはあると思いますが、誰でも経験した事あることだと思います。

 

子育てをしているママに聞いても中には『うちの子は反抗期がないのよ』なんていう人もたまにいますが殆どの親が『うちの子は◯才の時が反抗期だった』『今反抗期なのよ』という人が断然多いと感じます。

 

実は子供の反抗期は成長していく過程で必要なことなんです!

 

なぜ?と思う人もいると思います。

ですが、考え方を変えてみてください。

 

親に反抗すると言う事は子供は自分のやりたい事をしたいからなんです!

 

取り方を変えたら「ただのわがままじゃん!」「自分勝手なだけでしょ」と思うかもしれません。

 

ですが、人間誰しもママの言う事を聞いて育っていくと思います。

 

そんな子供がいつしか自分の意見を言うようになったんです!

 

これはすごい事だと思いませんか?

 

当たり前っちゃ当たり前なんですがただ言うことを聞いてきた事を卒業しようとしているんです!

 

言い方を変えればこれは子供の自立と言ってもいいかもしれません。

 

反抗を自立と考えれば気持ちも収まる

子供が言うことを聞かずに反抗してくると親も最初は「どうにか理解してもらおう」「とりあえず落ち着かせよう」と話し合うと思います。

でも、私が思うに子供に理解してもらおうと思うのではなく、自分が子供のことを理解しないといけないんだと強く思います。

 

子供が反抗してきてなかなか親がやってもらいたい事を子供はしてくれませんよね?

 

そんな時は怒って子供に言い聞かせるのではなく、子供が新たに自立をしていくんだと言い聞かせ、子供の主張を聞いてあげてください。

 

そう言い聞かせて子供のわがままに接していれば自然と今までの状態とは同じにはなったりしません。

 

私もいまだにこの方法で子供と接しています。

 

そのせいか無事反抗期も過ぎ、自分の意見を言ってはきますが、ちゃんと親が言う事も理解しようとしているのがわかります。

 

反抗期の時期は親子が意見を言い合う良い場所ですのでまずは成長していくのに必要な事と思い、子供の意見を聞いてあげてください。

 

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました