従業員の教育の仕方。人との接し方を紹介!

仕事

こんにちはTAKAHIROです。

今日は会社の従業員とのコミュニケーションの取り方や部下の教育についてお話ししていきます。

会社にお勤めしている方なら何度か経験されていると思いますが新入社員や自分の部下の教育に悩んだことはありませんか?

会社に勤め始める際は自分が新米でしたが続けていくうちに段々会社では先輩になってきますよね?

そうなった時に同教育していけばいいのか?

どうしたら理解してもらえるのか?

など色々不安があるかと思います。

今日はそんなお悩みを私の体験談も交えてお話ししていこうと思います。

Sponsored Link

相手の気持ちも考えながら話をする

Sponsored Link

人と接する上で重要なのは、自分の意見を押し付けたりするのではなくちゃんと相手を理解してあげることが必要です。

自分の考えを伝えるのは良いんですが言い方によっては命令するのと同じになります。

んじゃあどう話し合えば良いの?

と思うと思いますが、もし自分が上の立場で相手が部下の場合には質問を問いかけるようなイメージで話しかけましょう!

例えばお店のディスプレイをその人に任せていたとします。そしてディスプレイが完成し、その完成具合がイマイチだったとします。

そういう時には「どうしてこういう配置にしようと思ったの?」と聞きます。

そうして相手に質問をすることによってディスプレイを考えた人の意見を聞くことができます

コミュニケーションに必要なのは話し合うことですのでちゃんと相手の言い分を聞くこともコミュニケーションの1つだと思います。

説明を聞いてるうちに更なる疑問があるようでしたらなんでも質問してみるとお互いの意見を理解することができます。

あくまでこちらの意見を他人に押しつけるような尋問的な話し方はやめましょう!

同じ言葉でも「なんであんな配置にしたの?」と言い方を変えるだけで相手は気分を害すことだってあります。

結論としてはコミュニケーションを上手くしていくのであれば優しい言葉で質問をしてあげることが関係性を保ちつつ、お話ししていくことができるでしょう!

従業員を叱るのが苦手な上司

働いている中でよく失敗ばかりする人もそう少なくないですよね?

みんな人間ですから誰しもが失敗の経験をしたことがあると思います。

1度や2度の失敗は仕方がないかも入れませんが何年働いても同じようなミスを続けてそして反省の色もさほど見えない人もいます。

そんな人に対して叱るのはもちろんその人の上司の人ですよね?

世の中にはいろんな上司がいますから例えばミスをしたスタッフに対して怒鳴り散らしたり中には手が出る人もいたりします。

その反面、怒ったりすることができない上司だっていると思います。私も昔はそうでした。

怒ることが正しいわけではないんですが、怒る際には出来るだけ時間を短くしましょう!

ダラダラお説教をしていると、話の内容もずれていき結局の所どうしたらいいの?と解決にはなりません。

ですから出来るだけ怒る時間を短くし、伝えなきゃいけないことをまとめて怒りましょう!

そして叱った後は出来るだけそこで気持ちを切り替えていきましょう。

怒った後も機嫌が悪くなっていたりすると他の人たちも気になり、職場全体の雰囲気も壊していきます。

怒ることが苦手な上司の方は怒れる上司の人より普段からコミュニケーションをとることが必要となります。

失敗をした時も先ほどの質問をしていきましょう!

またやっちゃったね」や「どうしてこうなっちゃったんだろう?」と聞いてみてあげてもいいかもしれませんね。

この時必要なのは表情が柔らかいことです。

人はどうしても顔が怒っているような顔して話しかけてくると警戒をする生き物です。

警戒した中で話をしても本音で話すことはできませんし、圧力で相手に自分の求めている言葉を言わせても何も効果がありません。

ですからこの時は出来るだけ寄り添うように失敗した内容を質問していきましょう!

優しく声をかければ相手も怒っている人よりかは話をしやすい状態になりますのでオススメです。

まとめ

今回は従業員の育成方法についてお話ししてきました。みんな入ってきた頃はいろんな人から学び、段々成長していきます。

そんな時頼りになるのは上司となる人です。

普段のコミュニケーションや対応によってその人の成長のスピードも変わってきますので上司の人の力にかかってきます。

いや、本人の責任だろ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ここで1度考えを改め、自分を変えていくことから始めましょう!

言い方でも相手の捉え方は変わってきますから相手の意見を聞けるような話し方でコミュニケーションをとっていきましょう。

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました