職場の雰囲気がお店をよくするポイント!

仕事

こんにちはTAKAHIROです。

 

今日は前回の投稿の最後にもお伝えした「本当の敵」についてと、わかってからの取り組みについてお話ししていきたいと思います。

 

前回のおさらいですが、お店の店長やリーダーの人は結構孤立していることが多く、自分に負担をかける存在は全て敵と思いがちです。とお話ししました。

 

でも結論を言うと、店長は全ての責任を問われ店長としての手当はもらってるけど仕事量が普通の社員より格段に多くなります。

 

それにともなり全てのことが中途半端になり最初は上手く回るかもしれないがそれも時間の問題で、できなくなってきます。

 

物事が上手く回らないことにより社内の連携も取れなくなってきてしまいます。

 

そうならならないためにも店長となる人はスタッフに自分の仕事のお手伝いをしてもらい、店長としての仕事の負担を減らしていくこと大事です。

 

仕事を手伝ってもらうことにより、頼まれたスタッフは信頼されていると思い、仕事への責任感を覚えます。

 

また、仕事を割り振ることによって自然とそのことについて話をするようにもなるのでスタッフとのコミュニケーションも取れるので一石二鳥です。

Sponsored Link

店長の戦うべき本当の敵

Sponsored Link

スタッフと連携を取れるようになり好調のようにも思えるようになるかと思いますが、必ずと言って良いほどですが、大体職場に1人くらいはネガティブな発言をする人っていませんか?

例えば「こんなことやって意味あるの?」「あの商品全然売れない」「あの試食しかしないお客さんまた来たよ」「あのお客さん話長いから嫌なんだよなー」などこう言った発言をしているような人ですね。

ネガティブ発言が職場の雰囲気を悪くする

ご察しがついている方ならわかると思いますが店長の戦うべき相手というのは社内でネガティブな発言をする人です。

 

こういう人もいるって思って聞かないフリする人もいるかと思いますが全員が全員できるわけではないので中には5人に1人か10人に1人は流されてしまうんじゃないでしょうか?

 

少なくともこういう人が社内にいるといくら気にしなくても良い気分はしませんよね?

 

ですのでまず店長である人はそこから見直さないといけない。

 

まとめ

店長は忙しい役職!

結局上の人からすると売り上げが大事になりますので数字が気になるのは当たり前です。

ですが、お店というものは1人でやっていく物ではないということを忘れてはいけません。

みんなで協力することによって1人では時間がかかっていたものが少ない時間でできますし、できないこともできるようになります。

まず売り上げを見るのもいいんですが最初は自分のチームが上手くいっているのかを確認したほうがいいですね!

職場の雰囲気が悪くならないような環境を作ってあげることが店長がやる仕事になります。

職場の雰囲気がよくなれば必ず成果はでてきます!

ということで今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました