NieR Re in carnation第2章(ネタバレ含む)

ゲーム

こんにちはHomareです。

 

今日もNieRシリーズの2章をやっていきたいと思います。第1章では槍の物語でしたが2章はどんな物語が待っているのか楽しみです。

 

早速行ってみましょう!

 

2章開始後、道を進んでいるといきなり見たことがなかったが黒い壁が出始めました。

これにより道が塞がれています。

 

調べてみるとこの壁を壊すにはバトルをして勝たないと進まないようです。

1章に比べ敵も少し強くなりましたが私は星4武器ゲットしたので問題なかったですけどねw

 

バトルが終わり再度ガチャを回すことにしたんですが、ガチャの画面の扉が・・・

ドアの蓋が金色になってました!

 

これがこのゲームの確定演出かなーと思ったら

やはりそのようでした!

 

話は戻りますが、2章の物語は武器の物語で凄腕の弓を使うお姉さんとそのお姉さんを慕う少女(妹)のお話で、お姉さんの弓に憧れた妹に弓の使い方を教え、妹が狩をしてみたいと森に来ました。

 

妹は張り切って森を進んで行くと獣の鳴き声がして、お姉さんは様子を見に行ったら妹が熊に襲われていました。

お姉さんは熊の急所に弓を放ち、熊を追い払いました。

 

狩の怖さを知った妹と街へ帰ろうとすると街は戦争の被害に遭い、火の海でした。

様子を伺いに町に行くと数えきれないほどの死体が転がっていました。

 

すると、王国兵に囲まれお姉さんは妹をかばい切られてしまいました。

 

お姉さんは視界が暗くなっていき、ただ妹が泣き叫ぶ声と王国兵が言った「選別だ」という声が聞こえ気を失ってしまいました。

 

目が覚めると牢獄の中にいて体の手足が機械になっていました。

 

そこは王国の牢獄のようで、そこでは捉えた人を殺戮兵器に改造する人体実験をしていたようです。

 

お姉さんはその人体実験の材料とされてしまったわけです。

 

あの時王国兵が言った選別とはこういうことだったのです。

 

お姉さんはあの時離れ離れになった妹を探しに行きました。

お姉さんが牢獄を抜け出すと、そこは見たことのない外国の地が火の海でした。

 

そこで子供の鳴き声がし、様子を見に行くと、お姉さんと同じく選抜により人体改造された前の姿の面影もない妹の姿がありました。

妹は改造されてもなお、お姉さんとの記憶は残っていて再会を嬉しく思っていると、王国兵がやってきて、2人の事を失敗作がいたと言い、切りかかってきました。

 

妹はその場に倒れ命を落としました。

 

姉娘は妹の死により怒り狂い復讐の火を燃やし続けると言い物語が終わりました。

 

この物語をクリアすることでプレイヤーの少女は失われていた「希望」を取り戻し、新たに3章への階段が降りてきました。

こんな感じです。

 

ところで2章の途中で出てきた謎の影と外にいた巨大生物はなんだったんだろう?

今後のストーリーも楽しみです。

 

それでは今日はこの辺で

 

バイバイ

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました