NieR Re in carnation第3章で1章の過去が明らかに!?

ゲーム

こんにちはHomareです。

 

今日もNieRシリーズをやっていきたいと思います。

 

2章では武器の物語で姉娘とそれを慕う妹のお話で2人は王国兵に捕まり、王国内で行われていた「選別」の人体実験の材料とされてしまった物語でしたね。

NieR Re in carnation第2章(ネタバレ含む)

 

今日はその続編で第3章をやっていきたいと思います。

 

第3章に入り、新たなコンテンツが解放されました!

 

Sponsored Link

ママの部屋

Sponsored Link

メニューから「ママの部屋」というものが解放され、そこではメインクエストとサブクエストを選ぶ部屋になります。

サブクエストでは期間限定のクエストや曜日限定クエストで強化素材などを集めることができます。

 

とりあえず今回は先の物語が気になるのでメインクエストに進みたいと思います。

 

とその前に・・・

 

ガチャの時間です!w

 

最近なんだろ〜毎日ガチャ回したくなります。

 

まぁーどんなゲームでもそうなんですが、やっぱガチャって楽しいですよねw

 

ですがリリース記念でもらった石がいっぱいあるのでどうしても引きたくなっちゃいますよねw

 

てなわけで早速引いたところ・・・

ピックアップガチャで欲しかった目当ての2人を仲間にすることができました!!!

 

これで先のストーリーもテンション上がるってもんですよ!

 

でもちなみに私は無課金でやってますのでこれ以上はガチャはひけません。

 

いいのが手に入ったのでしばらく石を貯めたいと思います。

 

さて、話を戻しますが、ストーリーを進めようとしたらママからプレゼントを頂くことができます。

 

それは一緒に戦ってくれるオトモです。

 

ママから「ぬいぐるみとお人形さんのどっちがいい?」ということを聞かれ好きな方を選択できます。

私はぬいぐるみ派だったのでぬいぐるみを選択しました!

 

するとピンク色した少しホラーっけのあるクマのぬいぐるみをくれました!

 

オトモは編成からキャラクターをタップして装備をすることができます。

 

これにより戦闘になるとプレイヤーと一緒に攻撃してくれますので戦闘も少し楽になります。

 

ストーリーですが、最初のタイトルでも書いたように第1章の物語を覚えていますか?

 

1章では槍の物語で王族の少年と機械兵のお話でしたね。

 

忘れてしまった人は下記リンクより確認できますので見てみてください。

NieR Re in carnation1章クリア(ネタバレ含む)

 

3章ではこの物語の過去についてのお話でどうしてこういう状況になったのかが3章の物語でわかります。

 

始まりは王国の牢屋で1人の機械兵が囚われていました。

そこへ王族の少年も牢屋に入れられ2人は出会いました。

 

少年はくたくたな様子で「休ませてくれ」と言い、それを聞いた機械兵はそこらへんのガラクタでベットを作りました。

少年はベットに座り機会兵と会話をします。

 

話してわかったのがこの少年は王国の第1王子だということがわかりました。

 

今の国王は王国の領土拡大で戦争を起こしているのに対しそれに反発して牢屋行きということになり牢屋に入れられながらも少年は戦争を止めたいと願ってる。

 

それを聞いた機械兵は牢屋の扉を壊し、国王のいる部屋まで行き国王を説得しようとします。

部屋につき、国王を説得しようとするが全く聞く耳を持たず、国王は機械兵に少年を殺せと命じます。

 

機械兵の体には国王の命令は従うというのがプログラムされていて体が勝手に動き、少年に銃を向けます。

 

ですが、機械兵の強い意志により銃を下げ国王の命令に反発します。

 

これにより国王を敵に回し王国から追われる身となったわけです。

王国を抜け出し2人はある決意を決めます。

 

それが少年は「戦争を止める」事と機械兵は「何が何でも少年を守る」事で物語が終了しました。

 

物語が終わり、道を進んでいくと以前にもいた黒い怪物が現れ、道を案内するかのように消えて行きました。

ちょいちょいでてくるけどなんなんでしょうね?

 

3章の話が終わった時に新たなシステムが解放され探索ができるようになりました。

探索はメニュー画面から行うことができて簡単に言えば息抜きみたいなものですかね。

 

シューティングゲームでアイテムや経験値を獲得することができます。

 

1回プレイするとしばらくできませんのでたまにやってみてください。

 

意外と面白いかも・・・

 

というわけで3章の話はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

それではバイバイ

 

 

data-full-width-responsive="false">
タイトルとURLをコピーしました